長崎県西海市、オランダの港を再現した小さな街。

長崎市のオススメ観光スポット、グルメ、イベント

  • HOME »
  • 長崎市のオススメ観光スポット、グルメ、イベント

ポートホールンは長崎市から1時間ちょっと。

長崎市から佐世保市への移動の途中で立ち寄ることができます。ポートホールンと組み合わせやすいと思われるもので、長崎観光の王道といえるものをピックアップしました。

異国情緒あふれる長崎市。満喫するなら東山手~南山手の地域がオススメ。オランダ坂、甲十三番館、洋風住宅群、孔子廟、グラバー園、大浦天主堂など見どころが集まっています。ちゃんぽん発祥の店「四海楼」も。出島や中華街までも歩ける距離です。

原爆資料館や亀山社中、崇福寺、は少し離れています。

1.世界遺産「グラバー園」

グラバー園世界遺産の構成資産となった旧グラバー住宅を含む、旧リンガー住宅や旧三菱第2ドックハウスなど多数の歴史的建造物が集まった「グラバー園」は長崎観光の王道中の王道。大河ドラマの「龍馬伝」など様々な作品のロケ地でもあります。入園料も大人610円と入りやすいのもポイント。

入口は2か所ありますが、スカイロード(エレベーター)側から入る順路が下りになるのでオススメ。東山手の洋風住宅群や孔子廟を散策してからの流れでスムーズに入れます。

2.国宝「大浦天主堂」

大浦天主堂信徒発見の舞台として知られ、現存する日本最古のキリスト教建築物であり、国宝。中世ヨーロッパのゴシック調の建物。信徒発見にまつわる二体のマリア像もみどころです。現在はキリシタン資料室として開放されている旧羅典神学校も歴史的洋風建築物で見逃せません。入場料は大人600円。

「グラバー園」のすぐそばにあるので、グラバー園のあとぜひご覧ください。

3.「長崎孔子廟 中国歴代博物館」

長崎孔子廟1893年に清国政府と在日華僑によって建てられた日本唯一の本格的孔子廟。中に入るとまるで中国に来たよう。中国芸術の粋がちりばめられた建物や72賢人石像が生み出す世界観は圧巻です。入場料は大人600円。

中国故宮博物院所蔵の国宝級の展示物もある中国歴代博物館もみどころです。

南山手の洋風住宅群とグラバー園の間くらいに位置しています。

4.世界三大夜景「長崎の夜景」(稲佐山)

稲佐山からの夜景長崎の夜景は「モナコ」「香港」と並ぶ世界三大夜景です。その夜景を楽しむもっとも有名な展望台が稲佐山です。山頂駐車場は混雑時は制限され、中腹駐車場からのシャトルバス移動になりますので注意が必要です。

ロープウェイご利用の場合は市内から5か所からロープウェイ乗り場までの無料循環バスもあります。

5.「出島」

出島江戸時代オランダとの貿易の窓口として歴史の教科書にも出てくる「出島」。一度は埋め立てられましたが、現在復元が進んでおり、2016年現在で16棟の19世紀初頭の街並みが再現されています。入場料は大人510円。

和装着物体験もあり、江戸時代にタイムスリップできる空間になっています。

6.「原爆資料館」(平和公園)

原爆資料館平和公園の一角にある原爆資料館。再現された町や写真など様々な展示物が原爆の恐ろしさを伝えています。世界に2か所しかない戦争被爆地長崎を訪れたら、必ず立ち寄ってほしい施設です。

観覧料大人200円。

オススメグルメスポット

1.ちゃんぽん、皿うどん発祥の店「四海

四海樓はちゃんぽん、皿うどんの発祥の店で、ちゃんぽんに関する資料を展示した「ちゃんぽんミュージアム」もあります。場所もグラバー園や大浦天主堂のすぐ近くなので、ぜひ立ち寄ってほしいグルメスポットです。

2.代表的カステラの老舗「福砂屋」

1624年創業の老舗中の老舗でカステラの元祖といわれます。味もさすがで長崎県民にも愛されています。お土産としても間違いなし。歴史を感じさせる本店の建物も必見です。

場所は崇福寺の近くです。

3.長崎中華街

横浜、神戸と並ぶ三大中華街の一つで、中華料理店が軒を連ねます。ちゃんぽんや皿うどんはもちろん、よりよりや月餅などの中華菓子もオススメ。

場所は出島や繁華街の近くで、洋風住宅群のある東山手からも行きやすい街の便利な場所にあるのもポイントです。

オススメのイベント

長崎を代表するイベントです。王道ばかりですのでご存じの方が多いでしょう。ちなみに春には「帆船まつり」もあります。

1.冬の「長崎ランタンフェスティバル」

長崎ランタンフェスティバル長崎に住む華人の旧正月のイベントが長崎市全体で行うイベントへとなり、長崎を代表するイベントとなりました。町中に中国提灯(ランタン)が飾られ、冬の夜を美しく彩ります。

皇帝パレードや中国雑技、龍踊りなどなど色んなイベントも豊富です。

毎年旧正月から2週間程度行われます。

2.秋の「長崎くんち」

長崎くんち毎年10月7~9日の3日間行われる諏訪神社のお祭りです。龍踊りに代表される長崎らしい異国文化の影響を受けた奉納踊りが次々に披露されます。

諏訪神社を含む市内4か所に踊り場がもうけられ、出し物が市内をまわる「庭先まわり」もあるので、いろんな場所で楽しむことができます。

ちなみに「おくんち」の名前は長崎弁の9日(クンチと発音)であるという説が有力です。

3.夏の「精霊流し」

精霊流しさだまさしの歌で有名な「精霊流し」は、祭りではありません。長崎でお盆に行われる死者の魂を送る伝統行事で、毎年8月15日に行われます。初盆に精霊船という提灯などで飾られた船に故人の魂をのせて長崎の町を練り歩きます。

長崎には花火や爆竹で華やかに送る伝統があり、怖いくらい爆竹が鳴り響きます。交通規制にもご注意ください。

観光情報ぺージリスト

お気軽にお問い合わせください TEL 0959-27-0209 受付時間 10:00 - 18:00 (年中無休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ポートホールン長崎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.